シクロクロスバイクをおすすめする通勤の街乗りスタイルとは     

シクロクロスバイクをおすすめする通勤の街乗りスタイルとは

こんにちは、サイクルショップORNIERE(オムニエール)の店長オニガワラです。

30歳の時、毎日ストレスだらけだった会社を辞め、昔から大好きだった自転車で日本一周をしました。その時に旅で出会った人にあたたくしてもらい、自転車を通じて色々な経験をすることができました。

みなさんにも僕みたいに自転車で楽しい経験をしてハッピーな人生を送ってもらいたいと思い、自転車屋さんを開きました。

現在は自転車屋さんの店長としてパンクの直し方やメンテナンス、自転車の購入相談、恋の悩みなど、町の自転車のお医者さんとしてみなさんの生活をサポートしています。毎日頑張って、コツコツとアリのように楽しく働いております。


今日はシクロクロスバイクを徹底解剖していきます。僕はシクロクロスというこの自転車がめっちゃ好きなので熱い思いを込めて紹介したいと思います。

シクロクロスバイクを聞いたことがない人でこれからロードバイクやマウンテンバイクを買おうとしているあなた!! これを読まないとは絶対に損をします。ほかの自転車を買った後にこの記事を読むと間違いなく後悔しますよ。

あー!なんでこの自転車を買ってしまったんだーって思うかも笑

まだ自転車を購入検討の方はラッキーですよ!!

せひ読んでください。
きっとシクロクロスバイクに気持ちが傾くと思いますね。

ではシクロクロスについて語っていきます

シクロクロスとはなんなのか?

シクロクロス(CYCIOCROSS)はいったいどんな自転車なんですか?って思う方もいるので簡単に説明していきますね。

シクロクロスというのは泥まみれの中を自転車で競争するレースのことなんです。そのときに使われる自転車のことをシクロクロスバイクといいます。ちまたではシクロクロスバイクを略してシクロクロスと呼ばれていますね。

シクロクロスバイクのイメージは、ゴツゴツした山道などを走るのが得意なマウンテンバイクの父とスーパーの激安セールでスピード抜群の速さを誇るロードバイクの母の間に生まれた子供と言えます。まさに両方のいいとこどりをした自転車ですね笑

東京のお台場でも開催されるシクロクロスのレースとは?

シクロクロスレースはみなさんがあまり触れることのない競技かもしれませんね。ただ、シクロクロスレースにハマったら楽しくて抜けられなくなる人が多いんです。

どういう競技かというと、競技時間(30分とか60分)が大会ごとに決められていて、その時間内に一番長い距離を走った選手が勝つというシンプルな競争なんです。

コースは大会ごとに違って砂利道や芝生泥道といろんなパターンがありスタミナやテクニックスピードとすべてが求められます。

シクロクロスという規模で考えたら競技人口は多くありませんが、人気のあまり参加するにも抽選が必要な大会もいっぱいあります。

意外にもお台場で2月に開催されてもいるシクロクロス東京と言うレースがあるのですが、これを観戦したら間違いなくシクロクロスのファンになりますね。 ロードレースとは違い、自転車から降りたり担いだり砂の上走ったりと障害物自転車競争ですからね。

初心者でもシクロクロスをおすすめする理由

僕もお気に入りのシクロクロスを一台持っていますが、シクロクロスバイクは初心者にも向いている自転車といってもいいですね。いまからその理由を紹介していきたいと思います。

ブレーキが雨でも雪でもめちゃくちゃ効く

シクロクロスバイクは主にディスクブレーキというブレーキを使っていて大型バイクと同じ制動力があります。僕も初めて乗った時はブレーキが効き過ぎてビビりましたね。 普通の自転車ってブレーキをかけたら徐々にスピードが減速していって止まりますが、ディスクブレーキの場台はかけた途端にキュッと止まることができるんです。

最初、ブレーキに慣れるまでは効き過ぎて気を使いますが段々とディスクブレーキに慣れてくると断然ディスクブレーキの方が扱いやすくなります。ディスクブレーキは雨でも雪でもブレーキ性能が全く落ちせんから最強のブレーキと言えます。

自転車に傷が付いてもかっこよく見える

シクロクロスバイクは泥まみれになってもいいように出来てしほすので、泥が似合うロードバイクといえますね。傷がついてもレースを終えた後みたいにかっこよくみえよすね。 転けたり倒したりしても少々のことなら壊れませんので傷なんて気にせずにガンガン使えます。

ハンドルがロードバイクよりも握りやすく初めてでも操作しやすい

ロードバイクはドロップハンドルというハンドルの形をしていますが、シクロクロスバイクも同じ形のハンドルをしています。
ただ 、ロードバイクと違ってハンドルの先が外側に広がっていてカタカナのハの字になっています。このハンドルは実に握りやすくて運転がしやすいハンドルなんです。いい感じのハンドル幅となっていため、ドロップハンドルを使ったことがない初めての人でも抵抗なく使えると思います。

僕もレースとかしない時はこのハンドルをロードバイクにもつかったりします。長距離をゆったり走るにはめっちゃおすすめです

ホイールを変えればロードバイクと対等に戦える

シクロクロスバイクは太いタイヤから細いタイヤまでなんでも使うこと事ができます。

最近はディスクブレーキ用のロードバイクホイールが各自転車メーカーから出てきているのでロードバイクとガチで戦えます笑.

シクロクロスは山道もへっちゃらです

逆にロードバイクの細いタイヤではなく、ママチャリよりも太いタイヤを履けば山道も走ることが出来ます。最近の店長オニガワラのシクロクロスバイクは、太いタイヤを履いています。太いタイヤを履くことでクッション性がよくなり、ちょっとした石とかも弾いてくれますよ。

段差も気にせず走れます

シクロクロスは基本的にはロードバイクよりも少し太めのタイヤを履いているので、段差もロードバイクみたいに気にせず乗り越えてもパンクのリスクが大幅に減ります。

カスタム次第では自転車キャンプにも最適な自転車です

シクロクロスは自転車でのツーリングにも最適です。山道の走破性が抜群で、スピードもある程度出ますので、荷物を運べるように荷台(キャリア)をつけたり、自転車用のカバンをつけたりすると泊まり込みのキャンプにも行くことができます。

シクロクロスとロードバイクとの比較

よくロードバイクの違いを聞かれますが、一番の違いはブレーキ性能が違うことですね。
あとはロードバイクと比べてタイヤの太さが若干太くなっています。タイヤのおかげでより安定して走ることができます。
ロードバイクはアスファルトは得意ですが、シクロクロスはアスファルトと泥道もガンガンに走れる自転車なんです。

シクロクロスとマウンテンバイクとの比較

マウンテンバイクとの違いはハンドルとタイヤの幅ですかね。あと車体の大きさも違いますね。シクロクロスのタイヤ幅は、マウンテンバイクと比べてやや細身になっています。なのでスピードが出やすいんです。タイヤは細い方が地面の抵抗が少なくなるので必然的に速くなります。

おしゃれなシクロクロスのおすすめメーカーは?

店長オニガワラがおすすめするシクロクロス はズバリ、サーリーなんです!!
上の画像で本格的なロードレーサーの中に1台だけ変わった自転車がわかりますか?笑
明らかにロードバイクのレース会場に似合わない自転車がありますよね。ミント色の自転車です。そうそう、スタバの入れ物が付いている自転車ですが、実は店長オニガワラのサーリーなんです笑
可愛いでしょ?

サーリーというアメリカの自転車メーカーがあるんですが、このメーカーは遊び心満載の自転車を作っているんです。さすが仕事より遊びに一生懸命なアメリカ人によって開発された自転車だけあって、いろんなカスタムができるようになってます。サーリーの自転車は汎用性が高いのでパーツは何でもつけることができます。カラテモンキーとかネーミングもバッチリ面白いのがありますね。そんなサーリーの自転車の中で一番のおすすめは

ストラグラー(Straggler)になります。

この自転車は私も持っていますが、めちゃくちゃいいです。ブレーキもガンガン効きますし、色とか形もおしゃれなんで周りからの視線を結構感じますよ。二度見とかされます笑女の子にもウケがいいですし、実際に女の子も結構乗っていますね。

ただ、みなさんにおすすめする際にひとつだけ気が引けることがあります。
それはこの自転車はちょっとだけ値段が高いんです。

ごめんなさい!!

でも、長い期間で乗ることを考えたら十分に元を取れますので心配ないです!!

東京で乗る人が多いサーリー

サーリーはおしゃれなだけあって東京でも乗っている人は結構います。
サーリーは乗っているだけでおしゃれな人に思われますので、みなさんに一回は乗ってもらいたい自転車ですね。

シクロクロスの唯一の欠点

それはありません笑
欠点はないんですが、しいて言うなら値段がクロスバイクとかより高いので、なかなか初心者が手を出さないって言うことですかね。どうしてもシクロクロスはあまり知られていないので自転車の良さが伝わりにくかもしれませんね。

まとめ

みなさんどうでしたか?少しはシクロクロスに興味を持ってくれましたか?どこでもいいんで、一度近所の自転車屋さんに行ってシクロクロスを見てください。シクロクロスはきっとみなさんが思っている以上にカッコイイ自転車ですから。

あと、時間があれば是非シクロクロスのレースを見に行ってください。大人たちが一生懸命必死になって泥んこレースしていますから面白いです。ある意味一生懸命なんで感動すら覚えますよ。

最後まで読んでいただきありがとうがございました。

みなさんの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です