自転車でルール違反したら?罰金?前科?点数は?

自転車でルール違反したら?罰金?前科?点数は?

こんにちは、サイクルショップORNIERE(オムニエール)の店長オニガワラです。

30歳の時、毎日ストレスだらけだった会社を辞め、その後すぐに昔から大好きだった自転車で、僕は日本一周をしました。その時に旅で出会った人達にあたたくしてもらい、自転車を通じて色々な経験をすることができました。みなさんにも私みたいに自転車で楽しい経験をしてハッピーな人生を送ってもらいたいと思い自転車屋さんを開きました。

自転車は人生にとって絶対に必要なものになりますよ。

現在は自転車屋さんの店長としてパンクの直し方やメンテナンス、自転車の購入相談、恋の悩みなど、町の自転車のお医者さんとしてみなさんの生活をサポートしています。毎日頑張って、コツコツとアリのように働いております。

最近、お客さんで自転車に乗っていたら信号無視でお巡りさんに捕まったということを開きました。店長オニガワラは捕まったことがないですが、最近はお巡りさんの取締が厳しくなっていますね。
昔から自転車のルール違反の取鍗はあったのですが、平成27年6月に自転車運転者講習制度っていう道路交通法の改正があり、それ以降から厳しくなったように思います。
あとは自転車の事故が多くなったので減らすための原因かもしれませんね。

もし違反をするとどうしたらいいのか?講習って受けないといけないの?とかいろいろわからないことがあると思います そんなみなさんの悩みを店長オニガワラが解決していきたいと思います。

自転車運転者講習制度

まず初めに、みなさんはこの自転車運転者講習制度ってしっていますか?
意外にこの制度ってよくわからない人がおおいですよねー。でも知らないと本当に大変なことになりますので絶対に覚えてくださいね。
そんな難しいことではないので、簡単に理解できると思いますので。
では、まず制度についてお話していきますね。

自転車運転者講習制度とは自転車の運転するときに、信号無視とか酒酔い運転とか危険な運転を繰り返し、3年のうちに2回のルール違反をすると公安委員会から自転車運転者講習を受講しなさいって命じられる制度なんです。

ちょっとわかりにくいですよね笑

簡単にいうと、自転車で危険な違反を2回したら講習を受けてもらいますよ。
もし受けないと罰金払わせますよっていう制度なんですよね。

講習は各都道府県の免許センターなどで行われます。
3時間みっちりとあり、費用はなんと5700円が必要になります。

結構な時間と金額ですよね !!

3時間もあれば前後パンクとブレーキ、シフトワイヤー交換ができますからね!
パンクなら6回も直せちゃいます笑

ちなみに講習三時間の内容はこんな感じなんんです。

事前説明 5分
いきなりの小テスト 20分
自転車事故の被害者および被害遺族の声を聞く 15分
犯しやすい違反行為と危険性の疑似体験する 20分
休憩 5分(間違いなく寝てますね笑)
体験談、社会的責任と人生設計上のリスク 15分
自転車のルールの徹底してお勉強 20分
個人ワーク討議、学習シートに記述する 40分
本日2回目の再小テスト 10分
統括、感想文 35分

3時間。長いですよねー。
こんな講習受けたら店長オニガワラなら間違いなく眠ってしまいそうです笑
あと、講習拒否したら罰金も5万円となるので講習は受けておいた方が無難ですね。

講習制度についてわかったところで次はどんな違反が対象なのかを話していきたいと思います。

違反の種類と注意点

信号無視

タイトル通り、信号を赤信号で無視して走って行くことです。これは説明しなくともわかるかなと思います。
ちなみに黄色信号も止まれなので余裕をもって走ってくださいね。

通行禁止違反

この標識があるところを走ってはいけないという意味になります。主にこの標識があるところは、大きい道の高架道路の入り口付近などに設置されています。側道と本線が分かれていて、車はそのまま高架道路を上がっていけますが、自転車は側道に行かないといけません。特に、高架道跨の入り口付近には絶対にありますので注意深く気をつけて見ておいてくださいね。

歩行者専用道路における車両の義務違反(徐行違反)

その名の通りです。標識がある歩行者專用道路では、あくまでも歩行者が優先なのでゆっくりと走ってください。歩行者が多い時は自転車を降りていった方がいいかもしれませんね。

通行区分違反

道路の真ん中から右側をはしることです.

自転車は軽車両なので、基本的には左側通行をしてくださいねっていうことなんです。
わかりにくい人は原付が走っているところを走ればいいんです。

これ、けっこう怖いですけどね笑

でも、最近は自転車のためのレーンとか、道路に自転車が走るための青色マーカーが引かれているので少しは安全になりましたよ。

路側帯通行帯の歩行者の通行妨害

車が走っている外側の白いラインから外が路側帯です。
ここも歩行者が歩いている場合はゆっくりと走行してください。
あくまでも歩行者が優先なんですよ。

遮断踏切立ち入り

これは踏切の場所で遮断機が降りてきてカンカンと音がなっているのに無理やり突っ込んで行くことです。
違反になるから注意というよりか命にかかわることなので決してしないでくださいね。どんなに急いでいても命より大事なことはないので。

交差点安全進行義務違反等

交差点っていうのは字の通り、道が交わるところなんです。細い道から広い大きな道に出て行くときは、大きい道が優先されますので車が来ていたら車を優先させ、通過した後にゆっくりと走行してくださいね。

交差点優先者妨害等

交差点であなたが右に曲がりたい時、前から車がきたらどうしますか?
先に右折したらダメですよ!
実は直線する車が優先なんです.

免許をもっているひとならわかると思うんですが、免許持ってない人からしたらわかりにくいですよね。
あくまでも車が優先で自転車は優先じゃないので気をつけてください。

環状交差点安全進行義務違反等

これは日本では環状交差点自体が少ないのであまり気にすることないのです
環状交差点内を走っている車両が優先と覚えておいてください
外国にはラーンアバウトっといってめっちゃありますけどね

指定場所一時不停止等

止まれの標識があるところでは一旦止まらないといけません
とくに交差点に入っていくときや、
出会い頭の注意が必要ですね。
この違反の交通事故は多いです

歩道通行時の通行方法違反,

歩道通行時に歩行者の通行を妨害する行為などです。
基本的には歩行者は一番優先されるっておぼえておいてください。

制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

制動装置ってかっこよく書いていますが、いわゆるブレーキがついていない自転車はあかんよってことです。
これは危なくてしかたありませんが、実際にピストと呼ばれるバイクがついてないです..
技術があればブレーキなしで止まることもできる ですが、なかなか普通の人はできませんのでブレーキつけてくださいね….

ブレーキなしで止まりたいという猛者は映画プレミアムラッシュをみてください笑。
店長オニガワラの超おすすめ映画でピストバイクが出まくっています。

めっちゃすごいブレーキテクニック見れますから!笑笑
良い子はマネしちゃ行けないテクニックが満載です。
ちなみに僕は10回以上見ていますよ。

酒酔い運転

車の飲酒運転は厳しくなっているのはご存じだと思いますが、自転車も車両な でお酒を飲んで走ったら違反になるんです….。
お酒を飲んで走ると転倒のおそれもあるのでやらない方がいいです。酔っ払って転倒してもその時は痛くないですが、酔いが覚めたらマジやばいです!
朝起きたらヤバイくらいに痛くなるので。あと見に覚えのないところに青アザがいっぱいあったりしますからね笑

私もお酒が好きなのでよく飲みますが、飲んだ時は自転車を押して帰っています。
これなら歩行者と一緒の扱いなのでお巡りさんに止められたりしませんよ笑。
ちょうど酔いがさめますかからね。

安全運転義務違反

安全運転義務ってなんだろか?
難しそうな言葉ですが、簡単に言うと自転車に乗って危ないことをしたら違反になるよってことなんです。
具体的にはスマートフォンでメールをみながら運転とかジグザグ運転、傘さし片手運転、ガンガンの大音量でヘッドホンを使うなどがあります。
転倒してしまったり人にぶつかったりする可能性があるので絶対にやめとくべきです!
人にぶつかって死亡させてしまってとかもありますので気をつけないと行けないです。

以上の14項目を説明しました。ある程度理解してもらえましたか?

次は自転車で交通違反をしてしまったどうしたらいいのかを説明していきます。

もしも自転車で交通違反をして警察官に止められたら?

違反してお巡りさんに止められた素直に止まりましょう。
けっして逃げたりしないでくださいね。
長い説数とかされたリしますんで笑
あと最悪の場合、逮捕の可能性もあるので注意してください!

もしも、みなさんが交通違反をして切符を切られても、前に説明した14項目を3年間のうち2回の違反をしなければ、講習は受けなくていいので安心してくださいね。
ちなみに14歳以下は関係ないので交通違反しても講習はないですよ。

万が一、交通違反を2回してしまった場合は、各都道府県の公安員会から講習のお誘いのお手紙がきますので行ってくださいね。もし、行かないと罰金のお手紙が追加できちゃいますので講習は絶対に受けてくださいよ。

では、次に実際に自転車で交通ルールを守らないとみなさんにどんな不幸が起きるか説明していきますね。

自転車で交通違反をすると交通事故に遭う確率が非常に高くなる

自転車で交通違反をすると交通事故に遭う確率が大幅に上がります。
自転車の交通事故ってパターンがあって、ほとんどの人はそのどれかに当てはまります。
信号がない交差点

  • 出会い頭事故

信号のある交差点

  • 右左折事故

この2つが8割とほとんどの確率を占めます。
なので、信号のない交差点では一時停止かゆっくり止まれる速度で走行し、信号のある交差点では常に車の動向をチェックしてから渡るなどをして下さい。
それによって大幅に事故に遭う確率がグンと減りますからね。

実際に交通事故での損害賠償とは?

交通違反をしてみなさんが乗っている自転車と歩行者にぶつかったりして歩行者が頭を強く打ち、亡くなってしまう事故も実際にあります。その結果、何千万円の請求をされることがあります。

このパターンでは約4000万円と言う損害賠償になっています。

やばくないですか??

自転車の損害賠償も軽く見ては行けませんよ。一生相手に支払いが待っていますからね。
なので絶対に交通ルールを守って下さい。

自転車保険の重要性と加入義務

もし、損害賠償を伴う交通事故にあってしまったらと言うお話をします。
まず、一番大事なのは自転車保険に入っておくことです。そうすればほとんどの賠償はカバーできます。
今は都道府県によっては義務化されていますが、義務とか関係なく絶対加入して下さい。自転車保険の加入の仕方は、コンビニとかいろんなところで加入出来ますので今すぐにして下さいね。

まとめ

みなさんいかがでしたか?

意外に自転車の交通ルールって厳しいですよね。車の免許を持っていない人からしたら考えられないこともあると思います。でもこのルールを守っていないと、もし交通事故にあった時はとても大変なことになり、怖ろしいほどの高額な損害賠償も請求されることもあります。店長オニガワラは、みなさんにそんな不幸な人生を歩んで欲しくないと思っています。頭の隅にでもいいので交通ルールの知識を必ず入れておいて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

みなさんの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です