初心者オススメの自転車ペダルの選び方と外し方や使用方法

みなさん、こんにちは!サイクルショップORNIERE(オムニエール)の店長オニガワラです。

今日は意外にハードルが高いと思われているクリートペダルについてお話したいとおもいます。

クリートペダルってそもそも必要なの?

みなさんはクリートペダルって知っていますか?

クリートペダルというのは、靴をペダルにくっつけるペダルのことなんです。
なんでくっつける必要があるかというと、靴とペダルが密着することによってペダルに足の力が加わりやすく効率よく進むことが出来るんです。またペダルの回転がスムーズになり平地や坂などを楽に走れようになるんですよ。

私もクリートペダルに変えてからというもの自転車がガンガンすすむようになりました。
もう今では手放せないアイテムとなっています。ではどんな種類のクリートペダルがあるかお話していきます。

今回紹介するクリートペダルは、比較的手軽で初めてでも使いやすいシマノ製のペダルになります。

クリートペダルの種類とは?

クリートペダルの種類はメーカーによって様々ありますが、シマノの場合は2種類あります。SPD SL(左)とSPD(右)があります。それぞれグレードがあるんですが、値段によって素材の違いがあり軽さも変わってきます。しかし、ぶっちゃけグレードはプロ選手でもなかったらどれでもいいと思います。

 

値段も一番安いのと高いのを比べたら、3倍以上違ってきますので、良いのをつけたとしても真ん中のグレードで十分だと思います。
私も全て試しましたが、正直あんまり大差ないと感じました。これは自己満足ですね笑
では2種類について、それぞれの特徴をお話ししていきます。


SPD SL

この種類のクリートペダルは、ロードバイクなどによく使われているペダルです。
ペダルと靴の接地面が大きく力が伝わりやすいようになっています。

私もロードバイクでこのペダルをつかっているんですが、靴とペダルががっちりはまって走りやすいです。

一度つけるとく癖になりますよ。
最初の使い始めはなかなか思い通りにペダルが入りづらく、苦労するのですがちょっとしたはめるコツをつかんで練習すれば誰でもできるようになります。


SPD

この種類のクリートペダルは、マウンテンバイクや街乗り用自転車などによく使われているペダルです。SPD SLペダルと比べ、ペダルと靴の接地面が小さいのが特徴です。そのためピンポイントに靴をペダルに合わせてつけないといけなんです。
店長オニガワラも最初のクリートペダルはこのペダルを使いました。

使っている方はご存知でしょうが、最初の装着はめっちゃ難しいです。どうしても最初は足とペダルの位置をしっかりと把握していないため、なかなかくっつかないんです。

私もこんなの簡単に着くだろうと舐めて掛かっていましたが、完璧にできるまで三日掛かってしまいました笑 みなさんはそんなにかからないとは思いますが、SPD SLペダルと同様に一回コツを掴めば簡単にできます。

2種類の特徴が分かったところで、これからペダルの付け方のコツやそれぞれの良い点や悪い点、乗る時の注意点をお話ししていきますね。


クリートペダルの付け方のコツ

付け方のコツとしては、SPD SLとSPDの両方とも大体一緒です。

ペダルを漕いで下におろすタイミングで付けるのが一番はまります。
時計でいうと、4-6時の間に徐々にグイっと力をいれていきます。
イメージは斜め下に向かって、脚をつま先から押し出すようして最後にかかとを下に力を入れます。

(注)SPD SLペダルは良い音しますが、SPDペダルは音が小さいので分かりにくいかもしれんせん。


クリートペダルの練習方法

 

  • 練習方法としては、まず平坦な場所で練習していきます。
    最初は両方の足がついた状態で自転車にまたがります。
  • 次に片方ずつペダルの取り外しの練習をします
    (注)怪我をしないためにも反対の脚を地面につけて練習してくださいね

その時に脚とペダルの位置をしっかり覚えてください。

  これを覚えることによって後に楽に取り外しができるようになります でしっかりと感覚をつかんでください

  • 次に走行しながら片方だけペダルを付けたり外したりします。
    片方ずつゆっくりと確実にできるまで頑張ってください
    出来ればペダルを見ないでつけれるようになれば次のステップがかなり楽になります。</
  • それが出来るようになれば、最後のステップです。
    苦手なペダルを先に取り付け、片方つけた状態で漕ぎ出してください。そしてゆっくりと進んで反対の足のペダルもつけてください。この時も焦らずゆっくりとおちついてはめてください。

これを焦ってしまうとなかなかついてくれないのでゆっくり付けることがコツです。
両方くっついたらゆっくり漕ぎ出して得意な方の足から外して止まります。
あとはこれの繰り返しになります。これであなたも完璧にペダルマスターになりますよ。

クリートペダルの良い点

クリートペダルを付けたらわかりますが通常の1.6倍のパワーを得ることが出来ます。
ちなみに私は2倍くらいパワーアップしたと思います笑
私自身は剛脚ではなく、どちらかというと貧脚の部類にはいりますが、そのせいもあって走りが劇的に変わりました。

通常のペダルの場合下にペダレの押すイメージクリートペダルは回すイメージで脚を引くことが出来るので坂でも一定の特に坂道での恩恵はもろに感じます。

会話しながら楽に登ることができますからね。かっこいいこと言っていますが、実際に店長オニガワラは坂の途中ではみんなに疲れていることがバレないように余裕な顔をして必死で喋っていますけどね笑
あと、ペダルの回転がスムーズになります。一定の回転スピードで登ることができるので体力の消耗もだいぶ軽減できます。
足が吸い付いてくるような感じですよ。


クリートペダルの悪い点

SPD SLとSPDはそれぞれ悪い点がありますので別々にお話ししますね。

  • SPD SL

とにかく、歩きにくいことが1番のネックになります。今回はクリートペダルにつける靴の話をしませんが、SPD SLペダル対応の靴は靴底の部分がとても硬くてペンギン歩きみたいにしか歩けません。

広範囲での行動はしんどいです。でも、コンビニの立ち寄りくらいなら問題ないですよ。
まぁ、靴とペダルも接地面が大きいので仕方がないことでもありますね。

  • SPD

こちらのペダルは靴とペダルの接地面が小さく、靴底に金具が組み込まれる形となっていますので歩きやすいです。ただ接地面が小さいため、ペダルと靴がつけにくいというデメリットがあります。


クリートペダルの注意点

これまでSPD SLとSPDの話をしてきましたが、これからペダルを導入しようと考えている人に特に注意してもらいたいことがあるのでお話していきます。

ビンディングペダルの一番の心配は、

転倒

なんです。ペダルがつけれるようになった最初の頃は注意しながら外したりするのですが、ちょっと慣れてくると転倒のリスクが一

気に出てきます。特に転倒するパターンがありますので紹介したいと思います。

  • 疲れてペダルをつけていることを忘れている時
  • 赤信号で止まる時
  • 坂道の途中で止まる時

となります。基本的には止まる時以外はこけません。たまに出だしでこけることもありますがたまーにです笑

この中でも1番気をつけたいのは、つけていることを忘れている時なんです。

店長オニガワラも1番転倒する理由がこれです。いまだにコケます笑

自転車で長距離に乗ったりすると、どうしても疲れてきます。その疲れているときというのは、ペダルにまで頭がまわらないんです。結構ペダルが付いてることを忘れてしまうんですよね笑

 

その結果、慌てて外そうとしてもなかなかはずれないんです。
そうこうしているうちに焦れば焦るほど泥沼にはまってしまい、最後は転倒となってしまうんです笑

ホント、こけたら結構痛いですからね。
なので早めにペダルを外すクセを身につけてください。
そうすることによって転倒のリスクがだいぶ減りますので。


まとめ

みなさんいかがでしたか?今回ビンディングペダルに付いて少しは理解できたか思います。
ビンディングペダルの導入は初心者の方にはなかなかハードルの高いことかもしれませんが、勇気を持って導入してください。
私が声をあげてオススメします。

ビンディングペダルなしでずっと走っているといつか必ず飽きてきます。
私もそうでしたが、最初はビンディングペダルなしでも楽しいのですが、だんだんとマンネリ化してきて自転車に飽きてきます。
でもビンディングペダルを導入すると自転車と一体になれるんで楽しみ方が増えます。

自分がスピードを出したい時は自転車がすぐに反応してくれ、速度を簡単に上げることが出来ます。
坂道もペダルの反応が早いので回した分だけ進んでくれます。坂道が苦しいよりもむしろ楽しく思えてきます。

 

僕はビンディングペダルペダルのおかげで嫌いだった坂道が一番好きになりました。
きっとみなさんも自転車がさらに楽しくなるはずですよ。

さあ、みなさん!すぐにビンディングペダルをつけましょう!!

楽しい自転車ライフが待っていますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
みなさんの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です