おすすめのミニベロと通勤可能な距離を自転車屋が本気で考えた!

こんにちは、サイクルショップORNIERE(オムニエール)の店長オニガワラです。

30代で毎日ストレスだらけだった公務員を辞め、昔から大好きだった自転車で日本一周をしました。その時に旅で出会った人にあたたくしてもらい、自転車を通じて色々な経験をすることができました。

みなさんにも僕みたいに自転車で楽しい経験をしてハッピーな人生を送ってもらいたいと思い、コンサルやネットビジネスと自転車屋さんを開きました。

今回は乗ったら超楽しいミニベロについてお話ししたいと思います。ミニベロって僕も大好きなんですが通勤で使えるのとか、スピードは出るの、値段は高いのとか色々聞かれるんですよね。実際に僕も乗っていたのですが、ミニベロはいろんな意味ですごく良い自転車なんです。

一回乗ると楽しくて病みつきになる自転車で、普段使いや通勤、旅行先にも使えてカスタムもいろんなことができます。ミニベロは、一生遊べる自転車ではないかなって思っています。今回はそんなミニベロの魅力や通勤で使えるか、また僕がおすすめするミニベロについて、紹介していきたいと思います。

Contents

ミニベロってどんな自転車?

ミニベロというのは小さい自転車のことなんです。小さいと言っても子供の補助輪付き自転車じゃないですよw。実はミニベロの定義ってないんですよね。だから、これがミニベロでこれはロードバイクっていう線引きが実際のところ難しいんですよね。

ただ、それではみなさんが困ると思いますので、大体ミニベロと言われている自転車と言えば、20インチ前後のタイヤの大きさで大人が乗るように作られている自転車といえます。

タイヤの大きさは小学校の5、6年生くらいの子が乗っているサイズと同じに考えてもらえればいいですね。まあ、簡単に言えば大人が乗れる小さい自転車と思ってもらえればわかりやすいかなと思います。

ちなみに店長オニガワラが乗っていた自転車はパナソニック製のミニベロです。良く小回りが効いて通勤にも大活躍でしたね↓

ミニベロをおすすめする理由とは?

ミニベロはママチャリやロードバイク、マウンテンバイクといろんな種類の自転車がある中で、一番メリットが多い自転車なんです。初心者からベテランの自転車乗りまで楽しめる自転車なんですよ。

ミニベロの魅力
  • おしゃれでかわいい自転車が多い
  • かわいいだけじゃないよ!速さも兼ね備えている。
  • 身長が低い人でもミニベロなら余裕で乗れます。
  • 置き場所にも困らない
  • 輸行して旅行先にもミニベロは大活躍

おしゃれでかわいい自転車が多い

ミニベロは車体が小さいせいかチワワのように可愛く見えます。また、色のバリエーションも多くて選ぶのに迷ってしまうくらいですね。車で例えるならミニクーパーみたいな感じですかね 。カスタム次第ではかっこよくもなるし、かわいくもなる自転車といえます。

かわいいだけじゃないよ!速さも兼ね備えている。

カスタム次第では、少しの距離ならロードバイクと併走も可能です。もちろん距離が伸びるとロードバイクには敵わないですが、漕ぎ出しならミニベロはまず負けることはありませんね。

身長が低い人でもミニベロなら余裕で乗れます。

ミニベロは身長が低くても問題ありません。タイヤが小さい分サドルと地面が近くなっているので足つきがいいんです。小学校の高学年くらいから乗ることができますね。おしゃれなロードバイクに乗りたいけど、身長が低いからあきらめていた人でも乗れます。

置き場所にも困らない

ミニベロは車体が小さいため、ママチャリなどと比べてもコンパクトに置くことができます。通勤先の会社の隅においておくことも可能ですね。あと自宅の中の玄関にも置く事ができるので盗難の心配もありませんよ。

輸行して旅行先にもミニベロは大活躍

小さいことが最大のメリットであるミニベロは、自転車専用の袋にいれてどこにでも持っていくことができます。通勤で使うときでも、出勤はミニベロを漕いで行き、帰りは輪行袋にいれて電車に乗って帰ることができます。ただ終電とか満員状況で自転車を乗せたら冷たい目で見られるので注意してくださいね。

疲れた時や雨などで自転車に乗って帰りたくない日も問題なし!

急な飲み会の誘い、雨が降ってきて自転車で帰りたくない時も全く問題ないです。置いて変えればいいんですからね。電車で自転車畳んで持って帰ることができますし、会社に置いて帰ることもできます。

トモキン
ミニベロにしかできない芸当だよ。手軽にどこでも使えるのがミニベロやでー。

ミニベロのメリット、デメリットは?

やっぱりミニベロは良いですよねー。もう少しミニベロを掘り下げて、実際にメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

ミニベロのデメリット

魅力が多いミニベロですが、やはり小さいゆえに欠点もあるんですよね。長所もあると言うことは短所もあるんです。その辺はしっかりと理解していた方がいいですね。

デメリット
  • 長距離は苦手なミニベロ
  • ハンドル操作が若干不安定
  • 小さい割には車体が軽くない

長距離は苦手なミニベロ

短い距離に関して言えばミニベロは得意なんですが、距離が長くなればなるほど体力が尽きていってきつくなりますね。ミニベロの特性上、長時間に渡って速度を保つことが難しいのでどうしても厳しいです。ただ、小さいので、疲れたら電車やタクシーに乗ればいいので帰りの心配も問題ないです。

ハンドル操作が若干不安定

車体が小さいのでハンドル操作がロードバイクと比べて敏感なんです。どうしても、車体やタイヤが小さいためにハンドル操作がダイレクトに伝わるからなんですよね。少しハンドルを曲げただけで勝手に曲がろうとしますよ。でも、これも考え方を変えればハンドルがすぐ曲がるから小回りが効くって言うことです。敏感といっても、ハンドル操作に慣れればなんの問題もありませんので心配なしです。

小さい割には車体が軽くない

安いミニベロは意外に重たいです。12、3㎏はありますね。ママチャリが18㎏なんで、それよりも軽いのですが安いミニベロは見た目とギャップがありますよ。まあ、自転車の素材にもよるんですが、安いミニベロは粗悪なスチールが多いです。

ただ、ある程度の値段を出せば、重量は解決できます。値段にもよりますが、車体自体がアルミやカーボン素材になるので10 Kgを切ってくるので軽くて走りも爽快です。

ミニベロのメリット

メリットは想像できるかもしれませんね。とにかく素晴らしいメリットがたくさんあります

メリット
  • 漕ぎだしは自転車の中で最速
  • 疲れても心配いらず
  • 女性受けが素晴らしくいい

漕ぎだしは自転車の中で最速

ミニベロの漕ぎ出しは自転車の中でもかなりいいです。タイヤが小さいんですが、ペダルを回すところは一般自転車と変わらないのでスタートダッシュがしやすいです。例えで言うなら、信号待ちしている原付と車ですね。原付の最初5メートルは車にも負けないですから、同じような感じです。

疲れても心配いらず

自転車って当たり前なんですが、目的地まで乗って行っても、帰りも自転車を漕がないと行けないんです。そらそうですよね。ただミニベロには必殺技があるんです。それは輪行をいうことができるんです。これは自転車を袋に詰めて、電車やタクシーに乗せること可能で、もし行き先で疲れた自転車漕ぎたくないと思っても乗らずに帰ることできます。ある意味保険付き自転車なんですよ。

まあ、行き先で汗かいてスカッとビール飲みたいとか、帰りのテンション上がらないとか色々ありますからね。ミニベロは楽して自転車を楽しむには最高ですね。

女性受けが素晴らしくいい

これは僕も超主観的な考えですが、女性には受けがいいです。ロードバイクとかと比べて、女性にも乗りやすいですし、カラフルな感じで乗っているだけでオシャレに見えます。例えで言うなら、ミニクーパーに乗ってたらオシャレに見えるみたいな感じです。

とりあえずミニベロを店長もおすすめする通販会社ベストスポーツで確認する↓

ミニベロの種類は1種類じゃない!大きく分けることができる

3つのミニベロ
  • マウンテンバイク
  • ロードバイク
  • クロスバイク

と3つあるんですが、どのタイプの自転車も大きさは一緒ですが、性能や特徴はそれぞれあります。

マウンテンバイク

タイヤが太くなっていて安定感が抜群です。その代わりスピードが出にくいです。

ロードバイク

雨とでこぼこ道に若干弱いですが、スピード重視で速さが特徴的です。爽快感はたまりませんよ。ちなみにハンドルはロードバイクと同じドロップハンドルです。

クロスバイク

マウンテンバイクとロードバイクの良いところ取りの自転車ですね。ハンドルは操作がしやすいシティサイクルと同じ横に一本になってます。

通勤でミニベロを使う最適な距離とおすすめの距離は?

ミニベロを通勤につかった場合、実際にどれくらいの距離がおすすめなのか気になるところですよね。短い距離しか無理なのか、それとも長い距離は問題なくいけるのか、たくさんの疑問があると思います。その辺を考えていきます。

通勤のおすすめな距離

これは結論からいうと、10〜15㎞が限界ですかね。これ以上の通勤距離になると間違いなく会社に行くのが嫌になりますね。ただでさえ会社なんか行きたくないのに、さらに行きたくなくなるので15㎞以上はおすすめしません

本当に毎日になるときついです!

だいたい10㎞くらいがおすすめですね。もしくはそれ以下の距離でも全然いいと思います。これくらいの距離なら、ちょうど会社に着いた頃には、体があたたまって動きやすくなり、脳が活性化されていて会仕事もはかどります。

ただ頑張って漕ぎ過ぎたら、仕事の途中にたまーに眠たくなりますけどね。まあ、それ以上に自転車を漕ぐことでストレス発散になり、渋滞もないので、毎日気持ちのリセットも出来ます。

ミニベロのスピードはどれくらい出るの?最適な速度は?

ミニベロのスピードはカスタム次第では結構出すことができます。店長オニガワラのミニベロも40キロくらいは普通に出ていましたからね。僕のミニベロはロードバイクのタイプなんでスピードに関してはかなり出ていましたよ。

ただし速度が上がっても漕ぐのをやめた途端にすぐにスピードが落ちます。

適正スピードは疲れにくい15〜20キロくらいで走行するのがおすすめですね。

注意!スピードは通勤時にはあまり出さない方がいいです

僕が自転車通勤をしてた頃の話なんですが、当時は結構無茶な運転をしていましたね。出勤途中に速い人をみると常にバトルになりますからね笑知らない人と競って会社の近くまでよく言ってました。

今考えたら本当に恐ろしいことしていましたね。常にスピードを求めていたので後ろから車を関係なく速度をあげたり、車の後ろにピッタリとくっついて風除けしたりとかなり無茶をしていました。みなさんは絶対しない方がいいです。本当に交通事故しなくてよかったです。実際に何回か車に当たりかけたことありましたしね。

 

ミニベロとロードバイクと比較する

ミニベロ

win

漕ぎ出し

lose

ロードバイク

ミニベロ

win

おしゃれ

lose

ロードバイク

ミニベロ

lose

ロングライド

win

ロードバイク

ミニベロ

win

コンパクト

lose

ロードバイク

ミニベロのおすすめな値段は

ミニベロの値段は1万円以下の安いものから100万円もするものもあります。

店長オニガワラが推奨する値段は5〜20万円あたりですかね。

これっておすすめしていますが普通に高いですよね。

みなさんの中にはそんな高いのいらん!3万円で充分という人もいると思います。しかし、あまり安いのを買うと、

見た目はミニベロ!中身はママチャリ!名探偵コナン!!

てなわけになるんですよね。ママチャリと性能が同じということになっちゃいます。

特に注意が必要なのが2万から3万円あたりの価格带のミニベロですね。この辺の価格带ってちょっと無理して買う人がおおいんですが、実は機能と価格が伴っていないのが多いんですよね。

色とかはおしゃれにしておいて、安いパーツを使ってごまかしている自転車がおおいので、本気でミニベロを楽しみたい人は5万円前後からで、ミニベロのさらに極めたい人には10万円以上をおすすめします。

やっぱり値段が高いミニベロは、それだけの価値があるから高いわけなんで、是非ちょっとがんばって一つ上位ランクのミニベロをおすすめします。いいミニベロはカスタムとかもそんなにしなくてもいいんで、最終的には最初に資金を投入した方が安く済む事が多いのでいいミニベロ選んでください。

とりあえずミニベロを店長もおすすめする通販会社ベストスポーツで確認する↓

 

店長オニガワラがおすすめする本物のミニベロとは?

こんなにミニベロの話をしたけど、一体どんなミニベロが良いのか迷っている人もいると思います。今回は僕が厳選した本物のミニベロを4つ紹介しますね。コスパ重視のミニベロから見た目も満足のハイスペックミニベロまでを紹介していきます。

Tern(ターン)

Tern(ターン)はDAHON(ダホン)から2011年に独立した新ブランドなんです。ちなみにDAHON(ダホン)は、ミニベロや折りたたみ自転車界では他の自転車と比べ物にならないくらいオシャレで乗るだけでかっこいい自転車です。安さの殿堂ドンキホーテで売ってる自転車と比べてはいけませんよー。走りも乗りごごちもモチベーションも全く違いますからね。

Tern Surge Pro Delta(サージュプロ デルタ)

引用先:Tern公式HP

WHEEL SIZE:20インチ(451)
SPEEDS:20段変速
ウェイト:8.9kg
値段:172000円(税別)

まず、初めにおすすめするミニベロは、「サージュプロ-デルタ」です。

いろんなところから「店長ないわ、これは高い!」って聞こえてきましたよー。「はい、お値段高いです。」これ、普通の感覚でいくと非常に高価ですよね。確かに高いミニベロです。ただ、機能が良くて長期で考えたら非常にコスパが良いんです。

なぜ、この自転車がおすすめかと言うと、買ってからのカスタムがほとんど不要なんですよね。例えて言うなら、ノーマルでもかっこ良く、むちゃくちゃ速いポルシェ見たいなもんです。このミニベロはスピードや性能が抜群にいいので、カスタムするところがあまりないです。

最初、ミニベロを買って慣れてくるとカスタムしたくなるんですよねー。大体変えたくなるのがハンドルとタイヤ(ホイール)ですね。ここはめっちゃ変えたくなります。(僕がそうでした。)僕も乗っていた時は、色々変えていましたね。ただ、タイヤ(ホイール)に関しては、なかなか良いものがないです。あんまり売ってなかったです。

また、あったとしても、良いタイヤ(ホイール)は10万円を超えます。でもこのミニベロには、それがいきなり10万クラスのタイヤ(ホイール)ついてくるんですよね。これ、かなりお得感満載です。ミニベロを乗っていた当時、こんな良いタイヤ(ホイール)とか付いているミニベロは売っていなかったんで、リアルにおすすめしたいですね。

スピードとかっこよさを追い求めた完成形のミニベロと言えますので、これで満足行かないことはほとんどないと思います。

トモキン
高いけど、後々のカスタム考えたら損はおまへん。
補足
このサージュプロデルタについているホイールはハイトリムホイールと言って、自転車の前から受ける空気抵抗を軽減してくれるようになっています。そのため、スピードも落ちにくく。ミニベロの弱点である「巡航速度を保てない」と言うことが軽減されます。なので速い速度の維持も可能になっています。 

Tern Link C8 Modern Line (リンク C8 モダンライン)

引用先:Tern公式HP

WHEEL SIZE:20インチ(451)
SPEEDS:8段変速
ウェイト:10.0 kg
値段:66000円(税別)

リンクC8は、ミニベロの中でも比較的に手が出しやすい部類で値段もちょっと頑張れば届く範囲かなーと思います。このミニベロの特徴は、ペダルの重さを変える変速機が日本のシマノ製を使っていて、価格から考えるとちょっと良い変速機がついています。

変速機が安い外国の製品がついていると、壊れたり調整しないといけないのでシマノ製ならまず心配いりません。シマノ製ならどこの自転車屋さんでも修理してもらえますし、交換部品も安いので、後々のことを考えると良いです。自転車自体の重さも10キロと女の人でも十分にもてるくらいの重さです。

また、そこまで重たくはないので軽快に走れて出だしも速いです。

もし、いらなくなっても高く売ることができます!もともと高い自転車で有名メーカーなのでそこそこの値段で売れます!会社のフェラーリが古くなっても高く売れるのと一緒ですね。

Vectron(ヴェクトロン

引用先:Tern公式HP

WHEEL SIZE:20インチ(451)
SPEEDS:10段変速
ウェイト:22.1 kg
値段:298000円(税別)

正直、めちゃクチャ高いですが、これはおすすめです。電動ミニベロです。ヴェクトロンはミニベロ界の最高峰と言えます。自動車でいう「テスラ・モーターズ」です。ミニベロの最大の弱点である速度を保つのことを完璧にアシストしてくれるんです。しかもBOSCH製の電動ユニットなので、日本でのまだこの電動ユニットが使われている自転車は少ないです。

日本のはシマノ製が使われ始めてますね。BOSCH製の電動ユニットはヨーロッパの各自転車大国で使われているのでかなり信用できます。というか電動は怖いものなし!マジ無敵です!!

ちなみに2.5時間で100%の充電でできて、満充電で約100km走行可能です。やばいですね。どこまででもいける。

うちの奥さんも電動自転車に乗っていますが、行動範囲やばいくらい広いですからね。この前も友達の家にいってくるって20キロ往復で子供乗せていってましたから。使い方が車レベルですwどこまで行っても電気でアシストしてくれるので、脚力に自信がなくても問題なく乗ることができます。

ちなみにヴェクトロンは折りたたみもできるので、車に積んでもいけます。充電がめちゃもつから車で旅先観光しても小さい市内なら全部回れちゃいますね。本当このミニベロ持っていたら、どんなミニベロもかすんでしまいますね。まさにミニベロ界のキングです。

ミニベロを店長もおすすめする通販会社ベストスポーツで確認する↓

※ヴェクトロンは店舗で受け取りになるので注意してください。

トモキン
通販が不安なら、店舗で受け取りもできるから安心してやー。

Horize Disc(ホライズ ディスク)

引用先:ダホン公式HP

WHEEL SIZE:20インチ(451)
SPEEDS:8段変速
ウェイト:12.0 kg
値段:92000円(税別)

こちらはダホンです。ダホンは僕も乗っていましたが、カリフォルニア生まれのかなーりオシャレな自転車です。実はTern(ターン)とダホンは同じ会社。Tern(ターン)がダホンから独立して新ブランドを作ったのでダホンはミニベロの本家本元なんです。

このミニベロは、なんと行ってもカラーリングが良いですよねー。なかなか人と被らないのでオシャレ度MAXです。

あと、最大の特徴として、ブレーキがディスクブレーキとなっていますので、雨の日でもしっかりとブレーキが効いて安心なんです。自転車のブレーキって、大半がカンチブレーキといって雨の日は少し効きにくいんですよね。その点このホライズ ディスクはブレーキが自動車と同じ構造なのでしっかりと効くようになってます。

またブレーキのメンテナンス自体、手入れもそんなにしなくて良いのでメンテ嫌いの人にはディスクブレーキはおすすめです。

ロードバイクなども年々ディスクブレーキに切り替わっているので、今後はディスクブレーキがメジャーになって行くと思いますよ。

高価なミニベロを進める理由

普段、ママチャリに乗っている人はこの値段を見たら『あー、高い!ないわ。』って思うかもしれませんが、この値段くらい最低出さないと機能や満足度は得られないです。やはり自転車も100均で売っている乾電池とパナソニックの乾電池と一緒で、安いミニベロはすぐにダメになってしまいます。

ある程度の値段がする自転車に乗ればすぐにわかると思うんですが、作りがしっかりしているので壊れにくいですし、目先で考えたらすごく高いかもしれませんが、長期的に考えたら十分の価値がありますよ。

店長オニガワラがおすすめするミニベロのカスタム

ミニベロに乗っているとそのうち絶対にカスタムしたくなってくるんですよね。店長オニガワラもそうでした。自分のミニベロをよくカスタムしましたね。では、実際どんなカスタムがあるのかを見ていきますね。

ペダルの交換

ペダルを交換することでおしゃれ度も上がります。踏む面が多くていいペダルを使うと自転車に対して力の伝わりが良くなりますね。これによって確実に力が加わりロスのない漕ぎ方ができます。

ペダルの交換は簡単に誰でも出来ますよ。ほとんどのミニベロは最初に安いペダルが付属されています。ペダルの取り外し方はほとんどがスパナで取れるようになっています。

サドルの交換

意外とみなさんは知らないんですが、サドルはミニベロにとって重要な部分なんですね。ミニベロは長距離が向いていないので、サドルも長距離に向いていないサドルが多いです。なので、長距離でも対応しているサドルに交換することによってお尻が痛くなくなりますので交換すると効果があります。交換方法も六角レンチを使えば簡単に出来ますよ。

ハンドルの交換

これは走りやすさがめちゃ変わります。僕もドロップハンドルからフルホーンハンドルに変えましたがミニベロにはフルホーンハンドルもありですね。あと今はフラットバーに変えていますが、街乗りならこっちの方が走りやすくなりましたよ。

ただ交換になるとシフトワイヤー類とかを変えないといけないので、慣れていないとハンドルの交換はちょっと大変かもしれませんね。ハンドル交換が難しい人は僕のところじゃなくても近くの自転車屋さんに相談したらいいと思いますよ。

できれば個人でやっているお店のところがいいです。大型店はカスタムしてくれないので個人店に行ってくださいね。

トモキン
ミニベロ旅行先でも電車にミニベロ乗せて遠方でも楽しさ無限大!

店長がおすすめする通販会社ベストスポーツでミニベロを確認する↓↓

まとめ

  • ミニベロとは
  • ミニベロの魅力
  • ミニベロのメリット・デメリット
  • 通勤で使える距離は10キロあたりがおすすめ
  • 僕のおすすめミニベロ
  • カスタム方法

ミニベロはいろんな意味で本当に使えます。特にデートで使うのが一番いいと僕は思っています。二人でチャリンコデートとか、めっちゃ良くないですか?一人でおしゃれなミニベロに乗っていても出会いのチャンスとか普通にありますからね。やっぱりミニベロのおしゃれは武器になるので是非持っていて欲しいアイテムだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。みなさんの参考になればオニガワラも幸いです。

2 件のコメント

    • 内藤様
      質問ありがとうございます!

      gleam F1はやばいですねー。かなりいいです。

      フレーム自体はクロモリなので乗れば乗るほど愛着が湧きます。僕も一台クロモリを持っていますが、カーボンと比べると走り出しは若干重いですが、走行中はクッションもよく、ガチモードじゃなければおすすめです。
      なので、気がつけばカーボンロードよりもクロモリに乗る割合が僕も多いかもです。

      さらにgleam F1はフォークはカーボンなので軽量化にもなっていますので文句なしですね。

      シフターもシマノの105なので耐久性もあり、ガンガンに使えるのも魅力なんです。上位グレードのアルテグラやDURAと比べても、負けず劣らずの性能ですよ!もちろん上位グレードは高い分良いのですが、出先で壊れた時やパーツの在庫を考えると105が扱いやすいのでGOODですね。

      ディスクブレーキのTRP Mechanical Disc Brakeは僕も使っていますが、しっかりと雨でも止まりますし、ママチャリのブレーキとは段違い効きます!機械式と言ってワイヤー方式なので、素人でも扱いやすいのですよ。

      最後に、何と言っても全体的なフォルムがいいですね。

      素晴らしくいいです!

      このタイプは飽きがこないと思いますよ。初期投資は少ししますが、間違いなく最高の相棒になると思います。

      購入の参考になれば幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です