ホイールで迷えばカンパーニョロのゾンダ!自転車屋が真剣に解説!

こんにちは、オムニエール店長です。

今日紹介するアイテムは、

「カンパニョーロのゾンダ(zonda)」

です。

ロードバイクに乗ったらまず一番変えてみたくなるのがホイールなんですよね。ホイールは自転車の足の部分となるとても重要な部分で、値段も1万円〜何百万円もします。

最初はどれくらいのホイールがいいのか迷っている人も多いと思います!!

そんな中、僕がお客さんに間違いなく紹介するホイールがカンパニョーロのゾンダ(zonda)なんです。

なんでおすすめかって??

それはこれからたっぷりと熱い思いを紹介していきます。

動画でみたい人はこちら↓

カンパニョーロのゾンダ(zonda)をおすすめする理由

自転車には「シマノ」「スラム」「カンパニョーロ」という三大メーカーが有名ですが、その中でも僕がカンパニョーロのゾンダをおすすめする理由は3つあります。

なぜおすすめなのか?
  • コスパが最強
  • 性能が最強
  • デザインが最強

こんなに安いの?コスパが最強

自転車でもなんでもそうですが、何かを買うときに皆さん気になるところは、いくらぐらいするんだろう?ということではないでしょうか。

あまりに高すぎると手が出せないし、欲しいけどどうしよう…って悩むところですよね。

でもこのカンパニョーロのゾンダはめっちゃコスパがいいんです。

カンパニョーロの中でも良いホイール、例えばボーラとかは15~20万円ぐらいします。

店長
15~20万円あれば、ロードバイク1台買えるで。

その点、ゾンダ(ZONDA)は3~4万円で買えるんですよ。どうですか、この値段の違い。10万円ほどの差があるんです。

10万円あれば低いグレードのロードバイクが買えますよ。そう考えるとゾンダ(ZONDA)はめっちゃお得。

まあ、3~4万円でもじゅうぶん高いわ!という人もいるかもしれませんが、でもね、この値段でボーラのような良いホイールに近い性能があるんですよ。すごくないですか。3~4万円で15~20万円のような性能を味わえるなら、めっちゃ良いですよね。

でもちょっと待てよ。普通値段に差があれば、高いものの方が性能がいいものが多いですよね。同じ車だって高い方がたくさんの性能やオプションがついてて良いですし。

ではなぜゾンダは安いのに、ボーラのような良いホイールのような性能があるんでしょうか。

店長
それはな、上級グレードの技術をどんどんゾンダに送り込んでくれてるからなんやで。

おぉ、なんだかすごく太っ腹。

実はゾンダってすごく人気でめっちゃ売れてるんですよ。売れているからこそカンパニョーロもとても力を入れていて、そのためいい技術をどんどんゾンダへ落とし込んでくれてるんです。

なので車輪の真ん中にあるハブとかも、値段の割にはめっちゃ良かったりします。というわけでゾンダはコスパが最強なんです。

こんなにすごいの!?性能が最強

ゾンダって他のホイールに比べて安いんですけど、めっちゃ性能がいいんですよ。

これは、プロのサイクリストである三船雅彦(みふねまさひこ)さんからもお墨付きをいただいております。

店長
三船雅彦さんはプロのサイクリストで、4年に1度行われる「パリ~ブレスト~パリ」という1200kmもの長距離を走るイベントでは、上位に入ったりしている有名な人なんやで。

上の画像が今年三船さんが使ったロードバイクなんですが、これにもゾンダが使われています。

ちなみにこのイベントで走る距離の1200kmって、日本でいうとだいたい東京都庁~佐賀県庁ぐらいの距離なんですよ。

この距離を走れる耐久性や性能があるってすごくないですか?

店長
ちなみに2015年の「パリ~ブレスト~パリ」では、三船さんは43時間23分で完走したんやで。すごいやろ。

これはホイールの素材がカーボンではなくアルミが使われているため、耐久性もありこんな長距離も走れるというわけなんです。

めっちゃかっこいい!!デザインが最強

やっぱりホイールを選ぶ中で見た目も重視したいですよね。どうせ選ぶならかっこいいデザインの方が、見てるだけでも楽しくなってきてしまいます。ホイールのデザインもやばいーんです。

今回はカンパニョーロのデザインと、カンパニョーロの姉妹メーカーであるフルクラムのデザインと見比べてみます。まずはフルクラム。

車輪の中央から外側に向かって細い棒のようなもの(スポーク)が張られていますが、フルクラムはスポークとスポークの幅が大体同じ間隔で張られています。

見た感じ、よくあるような普通のデザインです。

一方のカンパニョーロはというと…

どうですか、このデザイン。

スポークが3本で1セットになっていて、それが7セットあるという珍しいデザインになっているんですよ。

このデザインは「G3」と呼ばれているんですが、フルクラムのデザインに比べてすごくオシャレだし、星形っぽくてかっこいいー!!やっぱりオシャレなホイールだと、自転車に乗るのも気分が違いますよ。普段よりテンションもあがってめっちゃ楽しいです。

店長
まあ人によって好みは様々やし、僕の自己満と言われればそれまでなんやけどね…

この「G3」というデザインは、カンパニョーロの上級グレードも同じなんです。ちょっと高級チックな感じがしませんか。

ちなみに、G3って3本1セットなので、1セットと1セットの幅が開いてて強度的にはどうなのよ!?と思うと思いますが、強度に関してはフルクラムもG3も同じです

強度が同じなら、おしゃれな方がいいですよね。G3はカンパニョーロ独自のデザインなのですが、このようにゾンダは上位グレードの技術も採用してくれているので、価格の割に性能もいいしデザインもかっこいいし、とても高級な感じに仕上がっています。

こういった点でカンパニョーロのゾンダがおすすめです。

カンパニョーロのゾンダ(zonda)の乗り心地は?

コスパ、性能、デザインが最強のゾンダですが、それらが良くてもぶっちゃけ乗り心地が悪ければ意味ないですよね。

乗り心地が悪ければ、ちょっとした段差とかでもストレスになってしまって、一気にテンションが下がってしまいます。

そんな気になる乗り心地はね、これまた良いんですよ。まあ、プロサイクリストの三船さんが使ってるぐらいですから、ものは良いんです。僕も持ってるんですが、実際に乗ってみて、

ゾンダの乗り心地
  • 柔らかい
  • 音が良い

というふうに感じました。

ゾンダの乗り心地はとても柔らかい

僕が実際に乗ってみた感想として、とても柔らかいと思いました。柔らかいといっても、フニャフニャな柔らかさではないですよ。とってもマイルドな感じです。

マイルドなので、乗っててすごく気持ちいいですし、地面からの振動もある程度吸収してくれるので、長距離を走っても脚が疲れにくいんですよ。

店長
柔らかくないとその分振動も伝わりやすくなるし、体にも負担がかかるし、脚もめっちゃ疲れるんやで。

その点ゾンダ(ZONDA)はとってもマイルドなので、ちょっと気分転換にって遠出しても疲れにくいから大丈夫。

でもね、レースに出るなら固い方がいいですよ。踏み込んでいかないとダメなんで。柔らかいと踏み込んでもタイヤがたわんでしまって、その分力も逃げてしまうので、柔らかいのはレースには向いてないです。

なのでクリテとかのガチンコレースに出るなら、ゾンダ(ZONDA)ではなく、またスピード重視の違うホイールに変えてもいいかなって思います。出れないことはないですが、高速スピードの維持には向いていません。

でもレースに出るわけでなく普段使うなら、柔らかいほうが乗り心地もよくずっと乗ることができるので、ゾンダはおすすめです。

店長
なんせ、1200㎞もの長距離を走った三船さんが使っているんだから、乗り心地は抜群ということがわかるよね。

ゾンダはとても音がいい

そしてなんといっても、ゾンダの音がいいんですよ。ちょっと音を撮ってみたので聞いてください。

どうですかこの音!結構心地いい音がするので僕は好きなんです。しかも軽いのでめちゃくちゃ回りますしね。

最初に10万円とかのホイールを買っても、こんな音はしないですよ。

まあでもこれはちょっと乾いてきてて、わざとこういう大きな音を出してるんですが、本来はハブ専用のグリスを塗ってあげると音は静かになりますので安心してください。

ちなみに「556」とかはダメですよー。ちゃんとバブ専用のグリスを使ってくださいね。

店長
あんまり乾かせすぎるのもよくないので塗ってくださいね。

真っ青な空の下、この音を聞きながら走るのも、めちゃくちゃ気持ちいいです。

実際に僕もゾンダ(ZONDA)を持っているので、どういう人に向いていて、どういう人が向いていないのかなーって考えてみました。

ゾンダ(zonda)に向かない人

おすすめできない人
  • 機材にこだわる人
  • 人と同じなのが嫌な人

こういう人はゾンダ(ZONDA)には向いていません。

機材にこだわる人

機材にこだわる人はゾンダ(ZONDA)には向いていないですね。機材にこだわる人ならもっといいホイールを選ぶと思います。

でもね、機材にこだわる人でも、ゾンダ(ZONDA)を1つは持ってるという人が多いんですよ。

例えばレースに出る人なんかは、練習用はゾンダ(ZONDA)、決戦用はいいホイールでって使い分けてる人もいますし、普段乗る用のものはゾンダ(ZONDA)っていう人もけっこういます。

それぐらい機材にこだわる人でもゾンダを使っている人は多いです。

でもぶっちゃけ、エンジンというか自分の脚がしっかりしてれば、そんなに機材にこだわる必要はないんですよ。

なぜなら鉄下駄といわれるめっちゃ重たいホイールでもすっごい安いホイールでも、しっかり漕いでいける脚があればめちゃくちゃ早く走れます。

例えば原付と大型バイクなら、大型バイクの方がエンジンがいいのですごく速いですよね。

でも原付を速くしようと、いくらいいタイヤを付けたところで、大型バイクに勝てるわけがありません。

店長
なんたってエンジンが全然違うからね。

それと同じで、自分の脚がしっかりしていればどんなホイールだってめちゃくちゃ早く行けますが、脚がしっかりしてなければ、いくら機材にこだわったって一緒なんですよ。

なのでそこまで機材にこだわる必要もないのかな、という気もします。まあでも、それをいっちゃーお終いですが…

またこの話は長くなるので別の機会に。

人と同じなのが嫌な人

ゾンダ(ZONDA)はけっこう人気があって使ってる人も多いので、人と同じのは嫌っていう人には向いていません。きっとファッション性を重視する人からすると、ちょっとなぁ…って感じになるでしょう。

でも本来自転車って走りを楽しむものですよね。まっすぐな道を風を切って走ったり、山に行って四季折々の景色を楽しみながら走ったり。

なのでデザインとか、人とかぶろうが何しようが基本的にどうでもいいんですよ。楽しく走れたらそれでいいんです。

普通に走るならゾンダ(ZONDA)で十分なんですよ。なんたって車輪はよく回りますし、ものがすごくいいですからね。なので人とかぶろうが何しようが、ものがいいということで、僕はゾンダ(ZONDA)をおすすめしています。

ゾンダ(zonda)に向いてる人

ゾンダ(ZONDA)に向いてる人はやっぱり、

おすすめできる人
  • コスパ重視の人
  • 初めてのホイールから変えてみたい人
  • 走りを楽しみたい人

という人ですね。

コスパはかなり抜群で、何十万と高いお金を出さなくても、3~4万円だせばロードバイクが一気に変わります。

乗り心地もスピードもテンションも「何これー!?」っていうぐらい劇的に変わります。費用対効果がかなり抜群

ほんまかいな?と思ってるでしょ。それがほんまなんですよ。

だってね、初めてホイールを変えたお客様が「坂道を上るのがめっちゃ楽になった!めっちゃ変わった。」って、とても驚いてたんです。

坂道を下るのも、勝手に進んでいく感じになったって言ってましたからね。それぐらい本当に劇的に変わります。なにしろゾンダ(ZONDA)はものがいいですからね。

なのでコスパも性能も重視する人には、ゾンダ(ZONDA)は向いているといえるでしょう。

カンパニョーロのゾンダ(zonda)の使い方

カンパニョーロのゾンダは、基本レースにも使えます。実際に使っている人もいますしね。

ただ、ガッチガチのレースには向いてないですね。

やっぱりゾンダ(ZONDA)は柔らかいので、ガッチガチのレースに出るならもっと固い方がいいと思います。

でもレースに出る人でも、練習の時に使ってるっていう人が多いんですよ。耐久性もいいですしめっちゃ回りますしコスパもいいですしね。

ただガッチガチのレースではなく、ファンライドみたいなレースなら普通に使えます。

あとロングライドといって、長距離を走るのには本当にいいです。なんせ柔らかいですからあまり疲れも出ませんしね。

まあ、基本ゾンダ(ZONDA)はいつでも使えるので使い勝手も抜群です。

カンパニョーロのゾンダ(zonda)のメンテナンス

やっぱりみなさん、メンテナンスについては気になるところではないでしょうか。メンテナンスするのも、めっちゃややこしかったりするとちょっと面倒くさいですよね。

でも大丈夫。

ゾンダ(ZONDA)は構造がとても簡単。複雑ではなく外すとすぐ中身が見えるっていうぐらい本当に簡単です。なのでメンテナンスも簡単にできます。

メンテナンスのやり方としては、外して中の油分を全部落として綺麗に掃除して、また油を入れてあげる、それだけで十分綺麗になりますよ。

店長
ゾンダ(ZONDA)はかなり耐久性があるから、それだけでかなり使えるで。

女性とか自分でできない人は、ショップに行くとオーバーホール(分解・清掃・再組立て)というのがあるので、それをやってもらうといいでしょう。

金額は店にもよりますが、そんなに高くもないので安心してください。

ただ、そんなにしょっちゅうメンテナンスをしなくても大丈夫ですよ。1度メンテナンスすると1年ぐらい持ちますので。

でも1年たたなくても、なんかおかしくなってきたかな?とか音がでかくなってきたかな?ということがあれば、グリスアップ(油をさす)してあげたりするといいでしょう。

まあでも基本、ゾンダ(ZONDA)はめちゃくちゃ耐久性がいいので、多少雑に扱っても全然問題なく使えます。

店長
なんたって、1200㎞の距離を走れるぐらいやからね。

なのでそこまでシビアにメンテナンスについて考えなくても大丈夫です。

カンパニョーロのゾンダ(zonda)の値段の動向

めちゃくちゃ性能がいいゾンダ(ZONDA)ですが、値段としては日本だと大体4万円~5万円ぐらいといったところで、6万円まではいかないぐらいですね。

セールとかになると大体3万円~4万円で買えると思います。

その点、海外だともう少し安く買うことができるんですよ。

やっぱりゾンダ(ZONDA)って海外のメーカーですし、日本で販売となると仲介料が上乗せされてしまうので、どうしても高くなってしまうんです。

これはホイールだけでなく、ロードバイク本体やフレームとかも同じで、日本で買うより海外で買った方がお得に買うことができます。

どうせ買うなら少しでも安いところで買った方がお得ですよね。浮いたお金分、パーツとか買って自分でバイクをカスタマイズしたりできますし。

なので海外から直接買うほうがおすすめです。

カンパニョーロのゾンダ(zonda)の購入方法

カンパのzondaは海外で買うか日本で買うかの選択肢になります。正直、値段は圧倒的に海外通販の方が安いです。

日本で買う

やっぱり日本で買うと安心・安全というイメージがありますよね。なので日本のショップで買いたいという人もいるかもしれません。

ちなみに日本ではこれらのところでゾンダ(ZONDA)を買うことができます。

王道の通販

通販だとアマゾンや楽天とかで買うことできます。

通販で買うと物によれば実店舗よりも安く買えるのでお得に思いますが、ゾンダ(ZONDA)に関しては日本の通販で買うと、海外の通販よりはお値段も高めです。

店長
現在(執筆時)の価格を調べてみたところ、アマゾンも楽天も、一番安くて49,800円でした。

約5万円するんですね。ちょっとお小遣い制のパパさんとかは5万円はきついかも…

正規代理店(実店舗)

正規代理店は、通販よりもぶっちゃけ高いです。

価格を調べてみたところ、5万円はかるく超えてるのが多かったですね。

やっぱり正規代理店はダイレクトに売ってくれておらず、仲介料が上乗せされるので、その分高くなっています。

でも正規代理店で買うと保証があるので壊れたときとか安心かもしれませんが、ゾンダ(ZONDA)はそんなすぐに壊れないんで、保証がなくても大丈夫かな、と僕は思うんですけどね。

それに正規代理店で買うと、メンテナンスとかもやってくれますし、多少高くてもメンテナンスや保証についてはしっかりしておきたいというなら、正規代理店で買うのもアリだと思います。

でも価格を重視するなら、断然海外通販がお得です。

海外通販

海外通販だと、偽物を買わされるんじゃないかとか、本当に商品が届くのかな、とか色々不安に思う人もいると思います。

日本ほど安心な国はありませんからね。怪しく思うのもよくわかります。

でもね、

  • wiggle
  • CRC
  • サイクリングエクスプレス

といった大手のところで買えば、間違いなく本物を買うことができます。

店長
これははっきりと断言できますよ。

僕も日本の代理店を通さず、wiggleで直接買いました。

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

ちゃんと正規のタグとかも付いてくるので本物ですし、安心して日本よりも安く購入できます。

でもなぜこれらの店では日本よりも安く買えるのでしょうか。

店長
それはね、海外の大手の店では、大量に商品を仕入れているからなんやで。

海外は日本と違って、ロードバイクに乗る人も多いですし、wiggleなんて世界の人々に向けて販売してますから、めちゃくちゃ大量に仕入れてるんですよ。

大量に発注して仕入れすることにより普段よりも安く仕入れることができるので、日本よりも安く販売することができるというわけです。

ただ、海外でもこれらの大手企業ではなく、怪しいところで買ったらだめですよ。

怪しいサイトだとだまされたり、状態の悪い商品が届いたりすることもありますからね。いくら安くても飛びついたらダメです。

ぶっちゃけ僕も安いからって怪しいサイトで買ったら、あまり良くない商品が届いたこともありました。

これはかなりショックでしたね。お金を無駄に使ってしまった気がして悔しかったです。

なので海外通販なら大手企業で買うようにしましょう。

店長
海外通販でも大手企業で買うと返品もできるから安心ですよ。ただ返品は手続きが面倒くさくはありますが。

僕は自転車屋を営んでいるのに、海外通販をお勧めするのもどうかと思うんですけど(笑)

でも海外の方がかなり安いからね。

きっと海外通販で買うと、メンテナンスしてもらうときに自転車屋に持って行きにくいな、と思う人もいるかもしれません。

でも自転車屋の僕から言わせると、自転車のことで困ってる人がいれば、どんな人であろうと助けてあげるのが自転車屋の役割だと思っているので、気にせずメンテナンスしに行けばいいんですよ。

それで嫌な顔されたら、その自転車屋はどうかと思いますね。なので自転車屋さんを選びながらやってもらえればと思います。

まとめ

  • ロードバイクのホイールはカンパニョーロのゾンダが超おすすめ
  • コスパ、性能、デザインすべてが最強
  • プロサイクリストの三船さんも愛用している
  • 買うなら断然海外の通販がいい
  • 海外の通販でも怪しいサイトはダメ

カンパニョーロのゾンダは初心者からプロの人まで色んな人が使えるホイールなので、これ1つ持っていればなんとでもやっていけます。

ゾンダ(ZONDA)を取り付けるのも手軽にでき、コスパ重視で走りを楽しみたい人は絶対にゾンダ(ZONDA)がおすすめです。ぜひゾンダ(ZONDA)に変えて楽しい自転車ライフを楽しんでください。

合言葉は「ホイールで迷ったらゾンダ(ZONDA)」です。

また自転車の商品や買って失敗した商品なども紹介しているので、他の記事もぜひ見てくださいね。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です